Interview / 大手エリート社員からベンチャー企業に参画した理由

5908609A-5D05-4EA0-BF77-45197063FB99.JPG

COO / FUMIYA UBANO

2019年 AWAKE GATE INC. 執行役員就任

不景気、終身雇用の崩壊、少子高齢化など様々な社会問題によってキャリアアップの構築が難しくなっている昨今、ベンチャー企業である株式会社AWAKE GATE(以下、AG) に参画し、飽和状態にある人材業界において実践型人材育成機関「ライフジャンクション(以下、LJ)」を立ち上げる。0から立ち上げ創業3年目で年商2億円企業に成長なぜ彼は大手エリート社員の道を捨て、AGへの参画を決めたのか話を伺いました。


理想の将来まで導く仕事

ーLJではどんなことをしているのでしょうか?

 20代を中心に人材育成を通してキャリアアップのサポートをしています。「この企業に入りたい」などの明確な理由はなくてよいのですが、「こうなれたらいいな」というその人の“理想の将来”から逆算し、今の自分に必要なものを一緒に考え、提案し、スキルアップをお手伝いし“理想の将来”へ導くパートナーの仕事になります。

一人一人の課題に対して、経営者視点の考え方を共有し成長をサポートしている

一人一人の課題に対して、経営者視点の考え方を共有し成長をサポートしている

経営者・企業側の視点から本当を教えていく

ーパートナーとはどんなことをしているのでしょうか?


これは私もそうだったんですが、例えば今の20代のよくある悩みが、

【今の仕事が自分に向いてるかどうか】

【自分が本当にやりたいことは何なのか?】

【やりたい事はあるけど実際にそれを叶える為に何から手をつけたらいいのか分からない】

【そもそも自分は何がやりたいんだろう・・・】

そう思う20代ってすごく多いと思うんですよね。そういう人達に対して私たちがナビ役となって、そこに行くまでに何が必要か、何が足りないか、経営者・企業側の現実的な視点から本音を教えています。

今何が本当のスキルで、実際に何が企業から求められているのか、【世の中の需要】に対して自分が供給できる人になっているのか。別の言い方をすると、色々わがままはあるけど、わがままを言う前にそれを言える実力のある人材になれてるかどうか、日々マネジメントをしながらそこを一緒に考えていく存在です。

人を導く仕事だからこそ、メンバー1人1人の計画作りなどのデスクワークも重要な仕事の一つ。

人を導く仕事だからこそ、メンバー1人1人の計画作りなどのデスクワークも重要な仕事の一つ。

自分がやりたいことができた時に、やれる自分である為に

ーLJの立ち上げに参画した経緯を教えていただけますか?

元々私は大手総合商社で海外の物流の営業をしていました。お茶の葉を買い集めて日本の市場に流していく仕事をしていたので、今とは全く違いますね。

元々私は先生になろうと思っていました。大学は東北大学教育学部で、実際に中高の英語の教員免許を持っています。

高校までは長野の田舎で体育会系一筋でボールを追いかける日々でした。大学進学時に宮城県での初めての一人暮らしを始めたのですが、大学1年生の終わりに東日本大地震が起こり、その時にボランティア通して色んな人と出会ったのが大きな転機となりました。

「起業家」や「アーティスト」、「芸術家」など多種多様な人に会って、「これがやりたい!」と突き進んでいる姿はとにかくカッコよかったです。それを見た時に「自分もそういう風に生きたい」と思ったと同時に、自分が狭く感じたんですよね。その時に大学を卒業してそのまま教員になるか、或いはもっと自分の引き出しを増やす経験をしてから決めるのか、とても悩みました。

将来的に自分に子供ができた時にどっちの大人に教えて欲しいのかと考えると、やはり後者だなと思いました。なので、まずは自分が色々経験して視野を広げようと「経済×海外=商社」だと絞り込み、前職である大手総合商社に入りました。

入社してから仕事は楽しかったのですが、自分で何かを打ち出して行くことに対しての憧れがずっと頭の中にあり、そんな時にAGの会長(AGグループのプロデューサー兼デザイナー)と出会い、そこから「ビジネス・経営」を学ばせて頂いて今に至ります。

毎月セミナーを主催。経営者の視点から「これからの時代を生き抜く思考」を20代に伝えている

毎月セミナーを主催。経営者の視点から「これからの時代を生き抜く思考」を20代に伝えている

一番ダメなのは【何もしないこと】

ー今20代を中心に「夢や目標がない」という人が多いと言いますが、どう思われますか?

私自身正直、「夢があるか」と言われたら「ない」と思っていて、今でも別に「ビジネス・経営をやりたいか」と言われるとそうでもないです。ビジネス・経営をすることは【自分のやりたいことができた時に、やれる自分である為の手段】であって、その為の準備期間と捉えています。

それはLJのメンバーも一緒なのかなと思っていて、自分に何が向いているか分からないとか、仮に目標みたいな物が沢山あるといっても夢や目標って変わるし、今その夢が明確にあったとしても叶ってない訳で、だったら夢や目標って20代で無理に決めつけなくていいと思うんです。

変化していいのだから、それこそ20代は色々経験して、なんかこれ向いてるとか、向いてないとか、色んな自分に気づいてみて、あるいは経験していく上で「こんなことやってみたいな」ってものが見つかったとしたら、それをとことんやってみればいい。

一番ダメなのは【何もしないこと】。

 

ただ何をやるにしても実力は必須です。実力=“どこにでも通用する力”は確実に存在していて、私自身も今磨いている最中です。LJで教えているメンバーにもこの力を身につけて欲しいと思っています。

「この人に!」って企業側が任せたいと思えるような人になっていればいいなと思っています。LJで教えていることは「スキル」や「資格」というような技術的なことではなく、その人が内に秘めている可能性、それこそ「人間力」を鍛えていって、その人が「どこに行っても通用する人に化けさせることが仕事」と思いながらやっています。

セミナー後の懇親会では、参加者のキャリア相談に自ら積極的に耳を傾けている。

セミナー後の懇親会では、参加者のキャリア相談に自ら積極的に耳を傾けている。

どんなにITが発展しても、人は人でしか磨かれない

 ー普段から初めましての人と出会う機会を作っていると聞きましたが、それはなぜでしょうか?

東日本大震災を通して色々な価値観を持った人と話すことで自分が磨かれる感覚だったり、人と話すことで自分が経験していないことを疑似体験できる感覚があって、「じゃあ次こうして行こう!」という人生の中での判断軸を手に入れることができました。

 それとAG経営者育成コースで学んだ「人は人でしか磨かれない」という考えが軸にあります。

自分は育成に携わっているものの、人としてはまだまだな未熟です。そこを変えていく為にも初めましての人に出会い、知識や価値観を広げていく、得ていく、その二つの意味で積極的に人と会うようにしています。

どんなにITが発展しても「人は人でしか磨かれない」から、そこはやはりアナログだなとAG経営者育成コースで学んだことの一つですね。

時には愛車と街を走り、自分と向き合う時間も大事にしている(Harley-Davidson FXSB Breakout)

時には愛車と街を走り、自分と向き合う時間も大事にしている(Harley-Davidson FXSB Breakout)

難しい、面倒、でもやっぱり面白い

ー LJでのやりがいは何ですか?

 人材育成は人と向き合うことなので、相手を知れば知るほど「これをやってあげればすごい良くなる」ということが分かってくる。実際に教えていくことで、変化が目の前で見れる。そして実力がついて結果を出し、企業から評価されているのを見ると何事にも代え難いやりがいを感じますね。普通に考えたら人材育成って労力がかるし、正直面倒と思う人が大半。

難しい、面倒、でもやっぱり面白い。そこにやりがいがあると思います。


ー最後に、今後のビジョンを教えてください!

そうですね〜、一緒に旅行行きたいですね。笑

メンバーみんなと40、50人くらいのクラスみたいに。元々先生目指してたって言うのもあるんですけど、LJってすごく温かい繋がり感のある学校みたいな感覚があるので。笑

 なぜかっていうとこの繋がり感を持って旅行に行ったら絶対楽しいし、 大人数だからこそドカンと行ってみて、同じような感情を味わい、同じような経験をして思い出を作り、20代本当にここにいてよかったなという人生の豊かさ、ライフスタイルの変化を感じられる。その人の人生において私がいてLJがあったからこそ、想像もしなかったライフスタイルを送れている。

そう思ってもらえる事が、本当の意味でのライフジャンクション(人生の分岐点)ですし、私のビジョンです。

趣味はツーリング。LJメンバーを連れて研修を兼ねたハワイ旅行を実現させた。

趣味はツーリング。LJメンバーを連れて研修を兼ねたハワイ旅行を実現させた。

 
変化