Interview / 仕事の繋がりを超えたパートナー

miki

Q.パートナーってどんなお仕事ですか?


“人が変わる起点をお手伝いする仕事”です。

弊社(以下、AG)には経営者育成コースがあります。私が経営者育成コースに入ったばかりの頃は単なる歯科衛生士の女の子、特に何かが出来る訳でもなく、世間からしてもごくごく普通の女の子でした。

そこから今のLJパートナーという仕事に就くまでの間、多くのことを弊社の会長や仲間から学び、沢山の経験や知識そして愛情を与えて頂きました。

私がやりたいことが出来ているのは、変わるチャンス・起点をくれた会長のおかげです。どんな人に出会うかで人生は変わると言いますが、まさに“それだな”と今感じます。

そんな会長に創業当初に言われたのが「自分が人にしてもらって嬉しかったことを、次の人にリレーしていってほしい」という言葉です。その言葉を胸に今関わらせていただいている育成メンバーの方々に、受けた思いをリレーしております。

LJパートナーは上司でもないし、同僚でもない、単なる仕事の繋がりではありません。

“生きていて普通出会えることがない存在”つまり、必然として出会い、親でもないけど親のように思ってくれる、血は繋がっていないけど同じように接してくれる、自分の人生を真剣に考えてくれる、たくさんの愛情をくれる、そんな存在になりたいと思っています。

miki

5年後、10年後、その人の未来に向けて

Q.LJパートナーとして大事にしてることは何ですか?
 

今現在のその人のレベルに合わせて話すのではなく、5年後、10年後のその人の未来に向けて話しかけるようにしています。
今の相手を褒めることで、相手にとって単なる“いい人”になるのは簡単ですが、それでは人を育てることはできません。

なので時には、言わなければならない耳が痛いことも言いますし、ある意味厳しく客観視しながら冷静に接するようにしています。つまり“いい人”ではなく“良い人”であろうと心掛けています。

いるだけで安心できる存在

Q.目指しているパートナー像ってどんなイメージですか?
 

良いことも悪いことも一番最初に連絡したくなる人ですね。
親でもなく、彼氏・彼女でもない、いるだけで安心できるそんなパートナー像を目指しています。

自分の為にしか努力しない人は、本当の評価は得られない

Q.パートナーから見て“育つ人”ってどんな人ですか?
 

今の私にわかることは2つあります。
1つは「自分へのストイックさ」を持っている人です。
スポーツや勉強など過去に何か頑張った経験がある人はもちろんそうですが、過去にそういった経験がなくても、そこから這い上がるハングリーさ、自分が頑張ると決めたことにストイックになれる人は大きく変化できると思います。

2つ目は「人の為に頑張れる人」です。
評価するのは常に周囲の人だから、自分の為にしか努力しない人は、結果を出したとしても本当の評価は得られないと思います。周囲に対して健気に頑張る人の方が評価されるし、その姿勢があれば結果は後から必ずついてくると思います。

もし明日、自分が死んでもいいように

Q.マネジメントってどんな空気ですか?
 

マネジメントは本人の為にある時間なので、楽しいと言うよりは真剣な空気感だと思います。自分を見つめ直す時間をパートナーに付き合ってもらうイメージなのかもしれません。
マネジメント前は、結果がでていると嬉しそうに来るし、ダメだと気まずそうに来る。
それに合わせてどう言う空気作りをするか?も変わってきます。
例えば明日自分が死ぬとなった時に「あの時あれを言っておけばよかったな」という言い残しがないように、マネジメントは集中してやっています。

マネジメントが終わった後は、みんなイキイキして帰っていきます。
人は目標を失い、何の為にやっているのかが分からなくなると頑張れなくなります。
そこをマネジメントで自分のテーマが明確になるとモヤモヤがなくなり、成長角度を維持できます。

miki

一緒にいたいなと思える人と

Q.どういう人に来てほしいですか?
 

「成長したい」「変わりたい人」というのは大前提なのですが、やっぱり私は「人の為に頑張れる人」が好きです。私が過去見てきた中で、自分の為に頑張る人は最後までやりきる人はいませんでした。どこか自分の都合の良い解釈をしてしまいます。
LIFEJUNCTION(以下、LJ)は単純に仕事だけの繋がりではありません。だからこそこの人と一緒にいたいなと思える人がいいですね。

あとは、ある意味ボロボロの人も好きですね。
良い人や環境に出会えず、全てを失ってもう無理という状態。その人が這い上がるストーリーを作り、周囲を一緒に見返すっていうのも育成する側としては燃えますね。笑

miki

“不安”から解放されて視界が開けていく

Q.LJで育成を受けるとどうなりますか?
 

充実していて楽しいと思います。
普通は仕事して、帰って、寝るの繰り返しですが、
LJメンバーは仕事終わった後も行くところがあるし、待っててくれている人がいるし、悩んだらすぐ来てくれる人がいる。
仕事や遊びから学ぶし、自分と向き合って成長できる。

そして一番はLJに入るとゴールが決まっている“安心感”があると思います。
普通は一人で転職活動し、一人で人生を悩み不安を抱えながら生きています。それがLJだと一緒に悩んでくれるパートナーがいて、ゴールも明確になる。“不安”から解放されて視界が開けていく、きっとそんなイメージだと思います。

seminer

最終学歴は“LIFEJUNCTION”

Q.今後のLJの展望を教えてください

人生最後の学校、最終学歴は“LIFEJUNCTION”。
学生の頃にやり残して、そのまま社会人になってしまった。
社会人になったけど、なんか思っていたのと違う・・・

そんな人がもう一度学び直せる環境が整っていきます。人として成長し強くなって、将来に必要な資格やスキルも身に付けられて無駄がない。後悔していることをもう一度取り返せる最後の学びの場所としてLJを創っていきます。

miki

成長できると思える環境をいち早く見つけて欲しい

Q.これからLJの面談を受けようか迷っている方にメッセージをお願いします

「まだもっと何かあるんじゃないか?」と思っている人にとって、LJは大きく成長するきっかけになると思います。だから自分一人で悩む必要がなくなります。
私は元々歯科衛生士をしていて一人で全てうまくいくと思っていましたが、実際は無理でした。そんな時に環境に出会いそこから大きく変わることができました。

なので自分が「ここなら成長できる」「人生を変えられる」と思える環境をいち早く見つけて欲しいなと思います。それがLIFEJUNCTIONなのであれば、全力でサポート致します。


愛車はXL883N iron ( Harley-Davidson ) / T.F.a custom  AGグループの中でも仲間と認められた人しか所属できないT.F.A motor cycle CLUBのRoad Captainでもある。

愛車はXL883N iron ( Harley-Davidson ) / T.F.a custom

AGグループの中でも仲間と認められた人しか所属できないT.F.A motor cycle CLUBのRoad Captainでもある。

MIKI TAHARA

COO / LJパートナー

Profile

miki
interviewLJCLJ journal